PYGMALIONPYGMALION

COLUMN

「ありのままのスピリットとしての自分」

シンガポール在住の宇宙意識研究家、スピリチュアルライトワーカーYURIA Leeさんから、アルケミーフォトセッションのご感想をいただきました。

なぜ依頼しようと思いましたか?

ともえちゃんが放つ唯一無二の感性の純粋なファンだということと、そんな彼女が覗くファインダーから見た自分はどんな風に写るのかな?という興味がありました。

実際に体験してみてどうでしたか?

リラックスできる環境で、柔らかく話しながら撮っていただけてとても愉しかったです。
普段は撮られるのは苦手で、どうしても不自然に身体や表情に力が入ってしまいがちなところを、ともえちゃんの「ただそこに在る」という独特の在り方の影響なのか、撮られる側の私の方も、必要以上に力を入れることなく、すっと「そこに在る」ことができた気がします。
撮影の間、不思議と周りの太陽光や草花の色合いに目がいって、自分がそのとき見たものの鮮やかな記憶が、写真と一緒にピン止めされたような体験でした。

撮影後、何か変化(アルケミー)はありましたか?

今までだったら「この写真の表情は嫌だな」とか、「これは写りが良いな」とか、外面的なコンプレックスや自意識をベースにした感想を持つことが多かったのですが、ともえちゃんが撮った写真を見たとき、私の目にはこれまで通りコンプレックスが強調されているように見える一枚でも、最初の印象が「わるくないかも」で、徐々に「こんな自分もいいんじゃないか」と、肯定できたことが驚きでした。
「ありのままのスピリットとしての自分」はこんな感じなのかも~と、新鮮な視点で自分を再発見した感覚。

このフォトセッションをどのような方に勧めたいですか?

自分と世界と調和したい方。本質的な自分の精神を大切にしたい方。
普段は直接見ることのない、知らない自分の顔や姿と、その肉体組織を構成する素粒子たちを、なるべくありのままに近い形で捉えてみたい方。

YURIAさん素敵なご感想をありがとうございます!
“素粒子”というマニアックな単語が出てくるあたりが、YURIAさんらしいです(笑)
ますます「ありのままのスピリットとしての自分」を体現してゆくYURIAさんの
オフィシャルサイトはこちら
▶︎YURIA Lee Web 〜 宇宙意識で生きる自分に還る旅 https://yurialee.com/

 

http://pygmalion.global/wp/archives/212